HOME > 商品案内 > セラミ断熱防水処理仕様
 セラミ断熱防水処理仕様
  
各種の断熱材とセラミテックスコート、セラミVシート防水材等を用い断熱効果と防水材の機能を併用し相乗効果を生かした安全性に優れた工法の商品です。
最近の地球環境悪化の原因となるオゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロン
この製品にはフロン類を一切使用せず断熱、防水、保温、防音等の面から建物を長期保護し人々の生活環境をより良くする為に環境に優しく安全な断熱遮熱防水的構造として期待されています。
安心してご使用下さい。
■ 断熱防水の特長
断熱材として
(1) 熱の対流、輻射、伝導の数値が小さく固定している。
(2) 独立気泡が熱を遮り結露を防止する。
(3) 吸水、吸温性に優れ断熱性能の老化を防止する。
(4) 高断熱性は勿論保温、防音効果等に優れる。
(5) 断熱材の貼付が容易で作業性に優れる。
(6) 新しい難燃化技術により燃焼性試験に適合している。

防水材として
(1) 防水層は水系無毒、無公害で環境に優しく安全である。
(2) 下地コンクリート及び断熱材面等に対しての接着が優れる。
(3) 防水層は軽量で弾力性、柔軟性、追従性に優れる。
(4) 防水層仕上は耐水性、耐候性、耐寒性、耐久性に優れる。
(5) 露出、押え工法共に断熱目地処理によりコーナー等
   貼付後のめくれ、浮き等が生じない。
(6) 各種工法は殆ど溶剤を使用せず環境及び火気安全性に優れる。
(7) 露出工法仕上ではカラフルな断熱防水化粧仕上ができる。
断熱工法 (断熱防水構造の流れ略図)

【 断熱、防水露出仕様 
  



【 防水、断熱押え仕様 




【断熱防水露出工法の一例

セラミテックスコート セラミテックスコート
  ST−A断熱工法   ST−S断熱工法
画像表示    画像表示
  ◎ 断熱材目地処理後の防水処理層仕上として各種工法
    セラミテックスコートを用いて
     防水材ST−A、ST−B、ST−S各工法処理を行います。


【 断熱防水押え工法の一例 】
 
   セラミVシート、SV−3断熱工法
画像表示 ◎防水処理としてセラミテックスコート
  及びVシート防水材を使用する。
  セラミテックスST-A、ST-S、ST-B
  セラミVシートSV-2、SV-3
  各種工法を用いその上部に断熱処理
  を行う、その後緩衝材絶縁フィルム、
  伸縮目地等処理後コンクリート、モル
  タル等の保護押え処理を行います。
  (断熱防水処理後は別途工事となります
  ゼネコン会社等にご相談下さい)

◎その他副資材として脱気テープ、塔断
  熱材種別厚み他 詳しくは別途技術資
  料をご用意しております。